サービサーへの債権譲渡は任意売却の前後で対処法も異なる

 民間金融機関の住宅ローンが払えなくなり、返済が滞ると金融機関が競売の申立てを行わずにサービサーへ債権譲渡する事があります。また、任意売却後の残債務をサービサーへ債権譲渡する事は既定路線と言ってもいいかもしれません。

住宅ローンが払えない時の対処法

同じサービサーでも対処は別

 どちらも住宅ローンの不良債権を金融機関がサービサーへ債権譲渡する流れですが任意売却の前と後では、同じサービサーでも全く別の対処法が必要となります。

任意売却前に元の金融機関が競売の申立てを行わず、債権譲渡した場合、担保となる不動産に抵当権を設定したままなので、サービサーが競売の申立てを行うことが出来ます。サービサーは買取った借金を早期に回収して利益を上げるのが目的ですから、時間を掛けて回収するメリットは無く、早期に回収できる方法を選択します。

任意売却前なら競売もありえる

 任意売却前にサービサーへ債権譲渡されてしまった場合、サービサーの担当者と初めて連絡を取る時に任意売却の意思を告げなければ、回収に時間が掛かると判断され、即競売申立ての準備に入る可能性もあります。

元の金融機関とは比べ物にならない位、回収のスピードは早いと考えて下さい。不動産担保付きの債権譲渡は当然に買取り金額も高額になり、回収を急がなければならない理由がサービサーにとってもあるのです。

ただし、サービサーも追加で費用も時間も掛かる競売を望んでいる訳ではないので、早期に任意売却で処理できれば通常は応じてもらえます。競売回避を望むならば、サービサーへ債権譲渡されると知った時点で任意売却の決断が必要です、迷っている時間はありません。

任意売却後の残債は無担保ローン

 一方で、任意売却後の残債務は無担保債権、つまり担保の不動産も処分してしまったので、消費者金融や信販会社のキャッシング等が返済出来ないのと同じような状態です。

任意売却の残債務は余裕があれば返済するべきですが、皆理由があって住宅ローンが払えなくなり、ほとんどの方が生活に余裕はありません、その様な不良債権と承知の上でサービサーは購入しています。

借金回収のプロフェッショナル集団のサービサーといえども返済能力の無い人からは回収することは出来ません。

つまり返済能力のある人からは回収が必須ですが、その様な場合でも返済の仕方によっては大幅な減額での解決も可能になるので、担当者とは誠意をもって話し合うことが重要です。

○ 『残った選択肢は何か!?消去法で考えてみる

○ 『サービサーの請求が不安で決断できない方は必見

○ 『サービサーが訴訟に!裁判所での話合は有効な場合も

○ 『住宅ローンが債権譲渡!サービサーとの交渉

○ 『債権譲渡後の強引な回収は社会的批判を受ける可能性

○ 『残債を請求するのは?サービサーに債権譲渡されたら!

○ 『任意売却を依頼して競売になったら費用は発生する?

○ 『逃げた債務者の探し方!サービサーや金融機関はどうやって回収するか?

上記の記事も合わせてどうぞ

任意売却後の残債関連の全記事一覧覧

サービサー関連の全記事一覧

任意売却の専門業者関連の記事一覧

任意売却情報満載の全記事一覧は任意売却テーマ

任意売却深夜の無料電話相談

電話相談はここをクリック