競売回避のために任意売却の専門業者ができることは?

 いきなり本題に入りますが、任意売却業者にできることは何でしょうか?

それは競売で処分される前に、任意売却で取引できるよう金融機関と交渉しながら売却をサポートすることです。

当たり前のことですが、所有者の依頼があった場合のみとなります・・・。

競売回避はどうすればいいか?

任意売却業者は競売回避のサポート

 競売回避のサポートになりますので、やはり任意売却の主役は不動産の所有者です。

所有者が正式に任意売却の依頼をしない限り、任意売却業者は黙って見てるだけとなります。

所有者がまず一歩を踏み出さなければ、任意売却業者は何もできません。そのため、できる限り早めに決断し、行動することが競売回避には重要となります。

金融機関が競売の申立てをする理由

 住宅ローンや他の不動産担保ローンは、土地や建物、或はその両方(以下、不動産)を担保に金融機関から、お金を借りています。

その不動産が競売の危機にあるということは、借りた金融機関へ約定通りの返済がされていないことになります。

では、どうして金融機関は、一般的には安くなるとされる競売により、貸したお金を回収するのでしょうか?

特に金融機関が銀行の場合、そこには銀行ならではの事情があります。

理由1 不良債権となっているため

 まず、不良債権とは何でしょうか? 以下、日本銀行のウェブサイト『不良債権とは何ですか?』からの引用です。※現在、日本銀行のウェブサイトがエラーになってしまいます。

不良債権とは、約定どおりの元本や利息の支払いが受けられなくなるなど、その経済価値が低下した貸出債権を指します。

金融機関は、貸出債権を正常先、要注意先(このうち特に注意を要する先を要管理先として区別しています)、破綻懸念先、実質破綻先、破綻先に分けて管理していますが、法律に基づき、このうち要管理先以下に相当する債権の残高を不良債権として公表しています。

 あなたに対して貸したお金が、要管理先・破綻懸念先・実質破綻先・破綻先のどれかに該当し、不良債権に区分されています。

不良債権である以上、銀行は自己資本比率(総資本に対する自己資本の割合)を一定以上にすることが義務づけられ、健全な経営のために速やかな不良債権の処理が求められます。

理由2 自ら売却しないから

 次に銀行はどうすれば、不良債権を処理したことになるのか? そこがポイントになります。

早い話、不動産という担保がありますので、その担保を処分し回収が行われれば、たとえ赤字でも不良債権の処理は、一応済んだことになります。

従いまして、銀行は住宅ローンや他の不動産担保ローンが不良債権となれば、その不動産の売却代金を以って返済してもらわなければ、処理が済まないことを意味します。

銀行が競売の申立てを行うのは、所有者が任意売却しないから、銀行が先に行動を起こした結果と言って差し支えないでしょう。

不良債権の処理に競売が必須ではない

 銀行にとって不良債権の処理は必要ですが、競売が必ずしも必要と言う訳ではなく、所有者が自ら不動産を売却しないから、銀行がやむをえず競売の申立てを行います。

不良債権として管理されてしまえば、担保の処分(不動産の売却)は避けられないことになり、極端な言い方をすれば、住宅ローンや他の不動産担保ローンは返済が滞れば、不動産を手放すのは絶対条件であり、それを免れるには、全額返済する以外方法はありません。

不動産の所有者が自ら決めることは?

 住宅ローンや他の不動産担保ローンが払えなければ、自ら売却する『任意売却』か、強制的に処分される『競売』のどちらかしかありません。

繰り返しになりますが、任意売却業者ができることは、あくまでも競売回避のサポートで任意売却をするか・しないかを決断するのは、不動産の所有者だけとなります。

そして任意売却には、あまり残された時間も多くないことを同時にご理解いただければと思います。

詳しい競売の流れ

思わず相談したくなる担当者のプロフィール任意売却はこの人に訊け!

住宅ローン等の悩みが気軽に話せる・相談のハードルを下げる3つの対策

ラインの無料相談はココ

 おすすめ記事 

任意売却の相談はどこへ?業者選びが結果を左右する

残った選択肢は何か!?消去法で考えてみる

競売開始決定後の任意売却は金融機関の厚意で可能

任意売却のお勧めサイトはこの1点に注意

任意売却の広告は信用できる?検索結果との関連は!?

任意売却は行動しないと何も始まらない

競売を避けたい理由は任意売却との精神的負担の差

損得勘定だけなら任意売却が不調に終わり競売となるのがお得?

複数の不動産が競売に自宅だけ任意売却は可能?

任意売却で1番抵当が全額回収だと2番抵当はどうなる?

競売申立後は要注意!頼むなら専門業者がベスト

任意売却の専門家に相談して不動産業者を紹介される訳

競売になると仲介手数料や他の費用は発生しない

住宅ローンの無理な返済を続けると更なる困難が!

任意売却で家を高く売る方法はお客様の協力がポイント

住宅ローンの滞納は金融機関に相談して解決する?

家のローンが苦しいでは終わらない老後破綻の可能性

妻が住宅ローンの保証人だと離婚,滞納,破産で問題化

任意売却で選ばれる理由は営業ではなく相談だから

 関連カテゴリー 

競売関連の記事一覧

住宅ローンで老後破綻関連の記事一覧

任意売却の基礎知識関連の記事一覧

任意売却の専門業者関連の記事一覧

連帯保証人関連の記事一覧

任意売却後の残債関連の記事一覧

任意売却情報満載の全記事一覧は任意売却テーマ

任意売却深夜の無料電話相談任意売却メール相談

電話相談はここをクリック