元妻が連帯保証人*離婚後の住宅ローン滞納の対処法

 自宅を購入した時、奥様が連帯保証人になることは多々ありますが、離婚時にきちっと清算しておかないと後々、問題が発生してしまいます。理想としては離婚しているので、連帯保証人を外れたいと思いますが一度、連帯保証人を引き受けてしまうと、返済が終わるまでその責任を免れることは非常に難しいことです。

連帯保証人を外れるには

連帯債務者と連帯保証人の違い

離婚を優先させると起きる問題

 多いのは、離婚後も元妻と子供が、元夫名義の家に住み続け、元夫が住宅ローンを返済していくケースです。その後、元夫が住宅ローンを滞納してしまい、連帯保証人の元妻への請求に始まり、競売の申立てへと発展してしまうトラブルです。住宅ローンも返済できなければ、そこに住み続けることは出来ません。元夫が任意売却するか、金融機関から競売により強制的に処分されてしまうかのどちらかです。

住宅ローンが払えない時の対処法

離婚後の任意売却が難しい理由

 離婚後に元夫名義の家に、元妻と子供が住んでいると、簡単に任意売却とはいかないことがあります。原因として、元妻は連帯保証人であり、残債の返済をどうするか、元夫が任意売却に無関心等、二人だけでは、お互い私情も絡み、前向きな話し合いの場が持てないからです。

離婚後の任意売却の調整が可能です

 二人で話すと感情的になってしまう

 出来れば離婚したので会いたくない

 遠方の為、お互い時間が合わせられない

 ※ 特別な料金も発生しません

元夫婦も第三者がいれば話し合える事も

 弊社が間に入る事で、今何をしなければならないか、冷静に判断することが出来ます。このような場合、任意売却するには意見の一致が必要ですが、お二人が話す時間、会う時間を最小限にとどめ、任意売却を進めますので、大切な時間をムダに費やす必要もありません。

また引っ越しでは学区の問題もあり、出来る限り早めに対応しなければ、結果的に転校せざる負えない状況等も考えられます。一番の被害者は子供です、その子供たちの負担を減らす事を第一に考えれば離婚後とはいえ必ずや協力できるはずです。

離婚後の任意売却、元夫婦間の調整が必要な任意売却の相談も弊社では可能です。お早めに御連絡下さい。

○ 『連帯保証人を外れるには

○ 『任意売却で連帯保証人の自宅はどうなる?

○ 『連帯保証人が返済の請求をされたときの対処

○ 『元夫が破産!共有名義の家は?問題は離婚後に起こる

○ 『妻が住宅ローンの保証人だと離婚,滞納,破産で問題化

○ 『身内や知人の自己破産で連帯保証人が自宅を守る究極の方法

○ 『無いと不可!専門業者が教える任意売却に必要な免許

○ 『競売申立後は要注意!頼むなら専門業者がベスト

○ 『メール相談は業者選びのポイントにもなる

上記の記事も合わせてどうぞ

任意売却と連帯保証人関連の全記事一覧

任意売却の専門業者関連の全記事一覧

任意売却情報満載の全記事一覧は任意売却テーマ

任意売却深夜の無料電話相談

電話相談はここをクリック