連帯保証人を外れるには

 任意売却に関連し、離婚した元妻が住宅ローンの連帯保証人になっているケースがあります。元妻としては、連帯保証人を外れること望みます。

その場合、金融機関次第となりますが、仮に条件を提示されたとしても、そのハードルをクリアするのは、かなり困難が予想されます。

なぜ連帯保証人を求められたか?

 夫が住宅ローンを利用するとき、なぜ連帯保証人になったかを考えると、金融機関にとっては夫に住宅ローンを融資すると自宅の担保だけでは不安があると判断したからです。

つまり、金融機関にとっては不安のある融資だったのに、更に連帯保証人が居なくなる事態は絶対に避けなければなりません。

連帯保証人の悩みを解消するには

 先ほど夫の住宅ローンが金融機関にとって不安のある融資だと説明しましたが、金融機関にとって不安要素が無くなれば連帯保証人を外れることも考えられます。

1.住宅ローンを借りている夫(元夫)がすべて返済する

 借金が無くなれば当然、連帯保証人の関係も清算できます。

2.変わりの連帯保証人を用意する

 金融機関が満足する、連帯保証人がいれば、代わってもらう、複数人求められるかもしれません。ただし、代わりの連帯保証人が見つかっても、金融機関が認めない限り、連帯保証人を外れることは出来ません。

※ 金融機関が満足するというのは、それなりに資産ある方や、高収入等の連帯保証人としての条件を満たす人になります。

3.自己破産する

 この場合、元妻に他の借金があれば別ですが、連帯保証人として金融機関から請求がきたら、検討しましょう。

どれも条件が厳しく、現実的には難しいといえるでしょう。

自身の選択だけで可能なのはの自己破産しかありません。しかし、離婚後に、自己破産まではしたくない等、決断するには相当な覚悟が必要になります。

自己破産のデメリット

離婚する場合はどうすればいいか

 離婚しても連帯保証人の関係は容易に解消できませんので、まず、離婚するならば、同時に自宅も売却することです。ただし、今の相場では売却しても住宅ローンが完済できず、残ってしまうことも想定できます。

足りない分を現金で用意できれば問題ありませんが、それも無理なので元妻と子供が家に残り、元夫が家を出て、住宅ローンを返済していく道を選択する方が多くいますこの選択は後々、トラブルの原因にもなりかねませんので、できるなら避けたいところです。

連帯保証人のまま離婚するとき重要な2つの決め事!

売却しても完済できないのであれば、元夫が自身の名義の家に、そのまま住み続けるべきです。そして、元夫が住宅ローンを返済できず、滞納等の問題が発生した時に、元夫婦が協力して任意売却で対応する以外、他に協力者がいなければ、方法は少ないでしょう。

離婚で夫婦の関係は清算できても、連帯保証人の関係を清算するには、借金が無くならない限り、簡単ではありません。離婚するならば、連帯保証人の問題についても取決めてから手続しましょう。

離婚時のトラブルを回避するため、専門家との連携により問題に対処できる体制も整えております、詳しくは任意売却で選ばれる理由をご参照ください。

思わず相談したくなる担当者のプロフィール任意売却はこの人に訊け!

住宅ローン等の悩みが気軽に話せる・相談のハードルを下げる3つの対策

 おすすめ記事 

○ 『借金のカタに不動産が取られる代物弁済の恐怖

○ 『離婚後の夫婦ペアローンは一方が滞納で事態急変

○ 『任意売却の相談はどこへ?業者選びが結果を左右する

○ 『任意売却で連帯保証人の自宅はどうなる?

○ 『残った選択肢は何か!?消去法で考えてみる

○ 『住宅ローンのボーナス払いは老後破綻と隣り合わせ!定年後も年金で返済ができるのか?

○ 『連帯保証人が返済の請求をされたときの対処

○ 『連帯保証人に迷惑は間違い!なぜ同意は必要?

○ 『離婚した元夫の家を買いたいシングルマザーの相談

○ 『元夫が破産!共有名義の家は?問題は離婚後に起こる

○ 『連帯債務者がいても大丈夫?連帯保証人との違いは?

○ 『妻が住宅ローンの保証人だと離婚,滞納,破産で問題化

○ 『メール相談は業者選びのポイントにもなる

○ 『無いと不可!専門業者が教える任意売却に必要な免許

○ 『身内や知人の自己破産で連帯保証人が自宅を守る究極の方法

 関連カテゴリー 

任意売却と連帯保証人関連の記事一覧

物上保証人・担保提供関連の記事一覧

任意売却の専門業者関連の記事一覧

任意売却の基礎知識関連の記事一覧

住宅ローンで老後破綻関連の記事一覧

自己破産関連の記事一覧

競売関連の記事一覧

任意売却情報満載の全記事一覧は任意売却テーマ

任意売却深夜の無料電話相談

電話相談はここをクリック