住宅ローンの無理な返済を続けると更なる困難が!

 任意売却の相談者の中には、住宅ローンの返済が苦しいのは勿論、その状況の中でも、返済のために家財を売ったり、2台あった自動車を1台にしたり、生活スタイルを変えてまで、返済を続ける方もいます。

自動車が2台と聞くと、ぜいたくに感じると思いますが、都市部ではなく地方にお住いの場合、移動手段となるため、その1台を手放すとなると、かなり不便な生活を送ることになります。

住宅ローンが苦しいときの対処法

見通しが無いまま続く返済

 そこまでして、住宅ローンを払い続ける気持ちは理解できるのですが、いつまで続くのかと考えると答えは出ないと思います。それでも何とか返済が続けば、まだ救われますが、既に一度でも滞納しているようであれば、もう気持ちの切替えの時期にきています。

滞納前にできること関連記事の一覧

苦しいから任意売却するのだが・・・

 大変な無理をして返済を続けてしまうと、最終的に任意売却したくても、入居費用や不用品の処分代等、それなりに現金が必要になるので引っ越しをしたくても、引っ越せない困難な状況に陥ってしまいます。

任意売却すれば、債権者が引っ越し費用を出してくれることもありますが、すべてが足りる訳でもなく、次の購入者に引渡す時なので、引っ越し後でないと渡してもらえません。

無計画な任意売却では引っ越しも困難

 任意売却をする時点で苦しい状況なのですが、ある程度は事前に準備をしておかないと引っ越しのときに、再度お金に苦労してしまいます。サラリーマンの方であれば、任意売却を決断すれば、住宅ローンの返済はストップするので、引渡しの時までは、今まで返済していた分を蓄えに回せば何とかなるかもしれません。

しかし、自営業者や失職してしまった方等は、収入の見込みに対して計画を立てるのが難しくなってしまいます。

住宅ローンの無理な返済は、いつ始まるのか?

 住宅ローンを返済中、苦しいと感じるようになり、生活スタイルを変えるような状況になれば、無理な返済が始まっています。生活を犠牲にしてまで、現在の家に住み続けることが本当に良い選択なのか、一度よく考えてみましょう。また苦しい状況が続くと精神的にも辛く、冷静な判断ができないこともあります。

本当に任意売却が出来るのか?任意売却の仕組みがよく分からない等、色々な疑問と共に、まずは相談してみて下さい、決して無駄にはなりません。

○ 『残った選択肢は何か!?消去法で考えてみる

○ 『住宅ローンの滞納は金融機関に相談して解決する?

○ 『ボーナス払いを老後破綻せず年金で返済ができるか?

○ 『年金生活者の住宅ローン・貯金で毎月返済する危険性

○ 『可処分所得が減・住宅ローンは?家計を襲う社会保障

○ 『住宅ローンで定年後も働き続ける事をどう思うか?

○ 『家のローンが苦しいでは終わらない老後破綻の可能性

○ 『任意売却業者のお勧めサイトで注意すること

○ 『任意売却で多額の現金が残せるは本当か?

上記の記事も合わせてどうぞ

任意売却の専門業者関連の全記事一覧

任意売却の基礎知識関連の全記事一覧

住宅ローンで老後破綻関連の全記事一覧

任意売却情報満載の全記事一覧は任意売却テーマ

任意売却深夜の無料電話相談

電話相談はここをクリック