【要注意!】引っ越しのタイミングは適切か!?

 任意売却で自宅を売る時、いつ引っ越せば良いのかも同時に考えます。家族構成や条件なども三者三様なので、どれが正しいというのも、ありません。

次に住むのが賃貸住宅で損得勘定だけならば、自宅の売買契約成立後、引き渡し期日ギリギリまで住んで引っ越すのがベストと言えます。任意売却の販売期間から引き渡しまで、住宅ローンの返済と家賃の負担が無いため、その間、生活再建に向け貯蓄できます。

何が大切か見極める

 出費を考えるとギリギリまで住むのが得ですが、現実的に家族同居のケースでは転校の問題など損得勘定だけでは決められない事も出てきます。そうなると子供の進級や進学又は夏休みなどのタイミングに合わせて引っ越す事も必要な場合もあります。

むしろ、大人の事情で引っ越すのだから、子供にとって少しでも良いタイミングで引っ越すことの方を大切にするべきでしょう。

また、介護が必要な親など年配者と同居している方が自宅を任意売却する時などは、次の引っ越し先が手狭になる事が予想され、同居が不可能な場合、老人ホーム等、施設のお世話になりたくても、順番待ちでスムーズに入居出来ないことも想定されます、引っ越しの準備は任意売却と同時にスタートしても差し支えありません。

先を見越して行動する

 任意売却で先を見つめ良い結果をもたらすには、損得勘定だけで長く住むのではなく、早めに引っ越すことも選択肢として検討する必要があります。任意売却業者は、お客様の家族構成や状況を考慮し、引っ越しの適切なタイミングや方法をアドバイスするのも大事な業務の一つです。

○ 『引っ越し費用の資金計画を考えてみる

○ 『住み続けられる任意売却は本当か?

○ 『任意売却で引っ越すときは市町村格差に注意!

○ 『住宅ローンの無理な返済を続けると更なる困難が!

○ 『苦しい住宅ローンは返済できれば幸福なのか?

○ 『任意売却後の生活は賃貸だと何が変わる?

○ 『任意売却で多額の現金が残せるは本当か?

○ 『成功か失敗か!?任意売却の業者選びが結果を左右する

上記の記事も合わせてどうぞ

任意売却の専門業者関連の全記事一覧

任意売却の基礎知識関連の全記事一覧

任意売却情報満載の全記事一覧は任意売却テーマ

任意売却深夜の無料電話相談

電話相談はここをクリック