住宅ローン以外に借金が多くても任意売却は可能か?

 普通のサラリーマンで住宅ローンの返済が年収の3割近くを締め、他に借金があれば返済が追いつかない状況と言えるでしょう。

この段階で任意売却を知る方も多く、競売を避ける方法としては一般的となりつつあります。しかし、任意売却は多少理解しても、住宅ローン以外に借金があると任意売却は出来るのか? ふと疑問になる方もいるようです。いわゆる多重債務者の任意売却です。

住宅ローンが払えない時の対処法

多重債務のケースで任意売却は?

 住宅ローン以外の借金は自宅購入後にできたケースが多く、住宅ローンの返済が日々重くのしかかり、何かをきっかけに足りない分をカードローンで補い、膨れ上がった結果、返済不能に陥るなど、理由は様々です。ここで結論から申しますと任意売却は可能です。

多重債務でも、住宅ローンだけなら返済の見込みがある方は自宅が残せる個人民事再生(住宅ローン特別条項)が利用できるケースもあります。

不動産担保と無担保の借金

 多重債務でも住宅ローン等の不動産担保の借金と無担保の借金の2種類に分けられます。任意売却は担保の不動産を売却しますので売却価格によって回収額が変わり、満額回収できなければ金融機関との調整も必要になりますが、多くの金融機関は任意売却に協力してくれます。

その際、元々、無担保のカードローンや消費者金融等に対し、自宅売却の承諾を得る必要はありません。簡単に書きましたが、この無担保の借金も返済が滞れば裁判所に提訴され、仮に任意売却で住宅ローンは完済、手元に現金が残るような場合は注意が必要です。

無担保ローンはすぐに訴訟となるケースも

 理屈から言えば無担保の借金でも裁判所の判決(債務名義の取得)をもとに売却代金が入れてある口座を差押えることも可能になります。任意売却と関係ないからと、そのままにしているのは得策ではありません。

また、無担保の借金は住宅ローン等と比べ、催促も厳しく、場合によっては給与の差押えに発展することもあります。

任意売却後に残債があれば無担保ローンと同様

 そして、任意売却が終了しても住宅ローンが返しきれない場合(ほとんどの方がそうですが・・・)、カードローンや消費者金融と同じ、無担保の借金として残りますので、返済可能かどうかも含め対応を決めることになります。

お客様が依頼した業者であれば、任意売却後のサービスとして大抵はアドバイスもしてもらえます。

思わず相談したくなる担当者のプロフィール任意売却はこの人に訊け!

住宅ローン等の悩みが気軽に話せる・相談のハードルを下げる3つの対策

 おすすめ記事 

○ 『借金のカタに不動産が取られる代物弁済の恐怖

○ 『任意売却は2番抵当,3番抵当でも諦めずに相談を!

○ 『任意売却で1番抵当が全額回収だと2番抵当はどうなる?

○ 『残った選択肢は何か!?消去法で考えてみる

○ 『任意売却の相談はどこへ?業者選びが結果を左右する

○ 『任意売却しないで苦しい返済を勧める理由

○ 『任意売却で多額の現金が残せるは本当か?

○ 『住宅ローンの無理な返済を続けると更なる困難が!

○ 『自営業者の自宅兼事務所や多額の借入も任意売却は可

○ 『任意売却の相談と不動産営業との違い

○ 『任意売却の相談が初めて!これが分かれば判断可能

○ 『住宅ローンの返済が無理ならば最優先に考える事は?

○ 『任意売却業者のお勧めサイトで注意すること

○ 『サービサーが訴訟に!裁判所での話合は有効な場合も

○ 『任意売却後の残債があると車を差押えされないか?

○ 『競売を避けたい理由は任意売却との精神的負担の差

 関連カテゴリー 

任意売却の基礎知識関連の記事一覧

任意売却の専門業者関連の記事一覧

物上保証人・担保提供関連の記事一覧

住宅ローンで老後破綻関連の記事一覧

自営業・中小企業の任意売却関連の記事一覧

連帯保証人関連の記事一覧

競売関連の記事一覧

任意売却情報満載の全記事一覧は任意売却テーマ

任意売却深夜の無料電話相談

電話相談はここをクリック