古くて住めない一戸建、そのままで任意売却できる?

 任意売却の相談事例では、今住んでいるマンションや一戸建を中古として販売し、購入者がその家に住むケースを多く見かけませんか?

マンションはリフォームが前提となる

 マンションは古くても内装をすべてリフォームすると新築同様になり、最近ではリノベーションマンションと呼ばれています。その反面、古い一戸建は木造住宅が多く、耐震補強工事・内装・外壁・屋根・外構などリノベーションと呼ばれる状態にするには多額の費用が必要なので、そのような物件は殆ど見かけません。

一戸建は必ずしもリフォームとは限らない需要がある

 では、古い一戸建を任意売却で売出しても、購入者が簡易なリフォームで住めなければ買手が見付からないのでは? 更地にして売りたくても、その費用が払えない・・・と心配するかもしれません。

ところがマイホームを探している人の中には、自分の理想の間取りや気に入ったハウスメーカーで家を建てたいと考えている方も多く、その場合は土地を最初に見つけなければなりません。

しかし、この土地探しは意外と難しく、安い土地は建売業者に購入され新築になります。きれいに整地された売地は不動産業者が所有し、利益も加わり予算オーバーや建築条件付きなど、こだわりの家造りは思うように実現しません。

古くても任意売却可能

 前置きが長くなりましたが、理想の家造りを希望する人は古い一戸建を探し、購入後に建物を解体するという流れも選択肢にあります。

古い一戸建を任意売却する場合、土地を探してる方は建物があっても十分に検討してもらえます。また狭いエリア限定の方はとんとん拍子に話が進むこともあります。

それって都心部だけで土地が余っている地方では無理と感じるかもしれません、しかし地方で家が建っている場所はライフラインがすでに整備され、建替えの際に新たな費用が少なくて済むメリットもあります。

家が古い、新しい、住める、住めないに関係なく任意売却は可能ですので早めの相談が、まずは最優先です。

思わず相談したくなる担当者のプロフィール任意売却はこの人に訊け!

 おすすめ記事 

○ 『借金のカタに不動産が取られる代物弁済の恐怖

○ 『任意売却の相談が初めて!これが分かれば判断可能

○ 『相場より安い!?と感じることもある

○ 『任意売却の可否はどうやって判断するか?

○ 『再建築不可や車庫無物件の任意売却

○ 『任意売却業者のお勧めサイトで注意すること

○ 『メール相談は業者選びのポイントにもなる

○ 『任意売却で家を高く売る方法はお客様の協力がポイント

○ 『訳あり不動産の告知事項と瑕疵担保免責は無関係

○ 『任意売却で引っ越すときは市町村格差に注意!

○ 『任意売却は気に入ってくれた方へ自宅をお譲りすること

○ 『超狭小住宅の任意売却は買手の住宅ローンが重要!

 関連カテゴリー 

競売関連の記事一覧

任意売却の専門業者関連の記事一覧

任意売却の基礎知識関連の記事一覧

滞納前に出来ること関連の記事一覧

任意売却情報満載の全記事一覧は任意売却テーマ

任意売却深夜の無料電話相談

電話相談はここをクリック