離婚後の夫婦ペアローンは一方が滞納で事態急変

 以前、『親子ペアローンで老後破綻・思わぬ落とし穴』という記事を掲載しましたが、今回は夫婦ペアローンに絞ります。

夫婦ペアローンは常に2人で協力

 その名の通り夫婦2人で住宅ローンを組むので1つの住宅に対して、夫と妻を合わせ2つの住宅ローンを利用できます。

名義については妻も借入金額の割合を共有持分とするのが一般的だと思います。

当然、妻も働き収入があることが条件です。

ペアローンの持分イメージ

 夫婦であれば互いに助け合い、どちらかが払えないときは負担しあいながら返済を続ければ、やり過ごすことはできます。

また、夫婦合わせても返済不能となれば、自宅を維持するのが不可能なのは、想像に難くないことでしょう。

そして夫婦一緒であれば困難に直面しても、互いに協力し対応することができます。

離婚後もペアが求められる

 問題となるのは夫婦ペアローンが残ったまま離婚してしまうケースです。

お互いローンの返済中、持分はそのままでの離婚となり、ある時、どちらかが返済できなくなった時点で事態が急変します。

ペアローンは前述の通り1つの住宅に個別の住宅ローンが2つあることになります。

従って離婚後は一方が返済不能でも、もう一方が自身の分を返済できれば無関係のように考えてしまいます。

しかし、金融機関はお金を貸すのと同時に回収のプロなので抜け目がありません。

ペアローンで個々の住宅ローンとしていても、ほとんどのケースで夫婦がお互いに連帯保証人となっています。

そのため離婚した元夫婦は、籍は抜けても連帯保証人という関係は継続し、お互い返済が終了するまでペアは解消できません。

ペア=連帯保証人

 例えば離婚後、元妻が出て行き、元夫と子供が自宅に残った場合、元妻は残った子供のために住宅ローンの返済を続けても、元夫が返済できなくなれば、元妻へ元夫の返済分も含めて請求されることになります。

本来であれば、離婚時に元妻の持分を元夫が買取る形で財産を整理できれば理想的です。

しかし、その場合でも元妻は持分を売却し、住宅ローンの返済に充て完済できても、元夫の住宅ローンに関しては連帯保証人の立場には変わりありません。

どちらかの住宅ローンが残っている限り、ペアの相手は心休まることが無いのです。

離婚後も協力が不可欠

 結局のところペアローンは夫婦であれ親子であれ、お互いの住宅ローンに対して連帯保証人となっていますので片方が滞納すると、もう片方に請求が及びます。

突き詰めるとペアローンの解消には、お互いが住宅ローンを完済しなければ、すべて解放されるには至らず関係は継続します。

ペアローンで問題が発生すれば、必ずペアでの対処が必要になります。

従って、ペアローンを組んだ一方が返済に窮し、任意売却を検討する場合でも離婚した元夫婦ペアでの協力が不可欠です。

そして、任意売却後の残債に対しても、お互いが連帯保証人のため2人で対処していく必要があります。

任意売却で本当に重要なのは業者選びです!

住宅ローン等の悩みが気軽に話せる・相談のハードルを下げる3つの対策

ラインの無料相談はココ

 おすすめ記事 

親子ローンで認知症が発覚すると預金を動かせず返済不能に

離婚後に元妻が無傷で連帯保証人を外れ自宅を残した方法は!?

親子間売買で老後破綻を回避する成否を分けたポイントとは?

連帯保証人のまま離婚するとき重要な2つの決め事!

連帯保証人に任意売却の主導権はあるか!?

任意売却の相談はどこへ?業者選びが結果を左右する

離婚後の共有不動産を任意売却するには連帯保証人が突破口に!

任意売却で選ばれる理由は営業ではなく相談だから

元夫が破産!共有名義の家は?問題は離婚後に起こる

残った選択肢は何か!?消去法で考えてみる

元妻が連帯保証人*離婚後の住宅ローン滞納の対処法

リスケジュールしても住宅ローンが払えなくなる3つの共通点

妻が住宅ローンの保証人だと離婚,滞納,破産で問題化

メール相談は業者選びのポイントにもなる

任意売却のお勧めサイトはこの1点に注意

任意売却の業者選びは担当者探し

 関連カテゴリー 

連帯保証人関連の記事一覧

住宅ローンで老後破綻関連の記事一覧

任意売却の基礎知識関連の記事一覧

物上保証人・担保提供関連の記事一覧

リースバック・親族間売買関連の記事一覧

任意売却情報満載の全記事一覧は任意売却テーマ

任意売却深夜の無料電話相談任意売却メール相談

電話相談はここをクリック