自宅が公売は本当か?税金や国民健康保険料の滞納で差押え

 自宅などの不動産を所有し、固定資産税や国民健康保険料、あるいは、その他の税金を滞納している方は、経済状況を見れば相当数に上ることでしょう。

そして、すでに不動産を役所に差押えられている方は、このままで大丈夫なのか? 不安でたまらないと思います。

不動産が差押えられている場合、役所の担当者から『このまま滞納が続けば公売になります』と告げられることがあります。

本当に恐ろしい一言ですが、何よりも先に優先して払う(納付する)必要があり、後回しにすることは決して許されません。

公売とは

 それでは、役所の担当者が口にする公売(こうばい)とは、何でしょうか?

 公売とは、滞納者が税金を納付しない場合、差し押さえた財産を入札等の方法により売却して金銭に換え、滞納国税に充てる手続のことです。

国税庁ウェブサイトより一部抜粋

 国税庁の説明なので、国税としておりますが都道府県や市町村の地方自治体、その他、小さな自治体が共同で組合を組織している場合、広域連合として機構を組織している場合も同様です。

つまり、動産であれ不動産であれ『税金等の滞納があれば財産を強制的に売却し、その代金を滞納分に充当します。』ということです。

公売は滞納処分の一環

 税金等の滞納が始まると、まずは督促を行い、その後、財産の差押え、財産を金銭に換える換価、滞納分に充当する配当、この流れを滞納処分といいます。

国や地方自治体等の場合は公売ですが、それに対して民間の場合は、競売が強制的に回収する手段となります。

それでは、実際に動産は別として、公売により自宅など、所有者が実際に住んでいる不動産を公売で売られてしまうことがあるのか?

Yahoo!官公庁オークションで公売不動産が掲載中

 当事務所では公売により、不動産を処分されてしまった相談者はおりませんが、簡単に調べる方法があります。

それは【Yahoo!官公庁オークション】を見れば一目瞭然です。

その画面上部に、出品物件数○○件(公売:○○件、公有財産:○○件)とあります。

この公売:○○件が掲載されている総件数で、ここでは動産や不動産の区別がありませんので、不動産の公売があるか見ていきます。

1.画面上部、画像では出品物件数2,085件(公売:1,510件、公有財産:575件)となっておりますが、公売:○○○件の数字をクリック

yahoo官公庁オークション選択画面1

2.次にすべてのカテゴリー横の▼をクリック

yahoo官公庁オークション選択画面2

3.すべてのカテゴリーが表示されたら、不動産をクリック

yahoo官公庁オークション選択画面3

4.先ほどまでは、すべてのカテゴリーと表示されていた箇所が不動産になっていたら、虫めがねをクリック

yahoo官公庁オークション選択画面4

5.2019/7/27日現在で、なんと158件!(中止4件含む)、居住中の一戸建てやマンションもあり、全国各地の不動産が掲載されています。

yahoo官公庁オークション選択画面5

 この数字が役所が差押え、公売中の物件となります。

実際に公売中の不動産を見てみると、所有者居住中の物件も存在しました。

参加していない自治体もありますので、その数はもっと多いと考えるのが普通でしょう。

見ていただいた通り、税金や国民健康保険料等の滞納により、例えそれが自宅であっても、公売は実施される可能性があり、自治体によってはYahoo!官公庁オークションに掲載されてしまいます。

公売は状況しだい

 自宅など不動産の所有者の多くは、住宅ローン等の返済を抱えており、その返済が厳しくなり、税金を滞納してしまう方が多いのも事実です。

そのため住宅ローン等の借入れは、不動産を担保にしているため、公売にしても、その売却代金は住宅ローン等が優先され、余剰があれば役所側にも配当が回ってきます。

裏を返せば、住宅ローン等の残りが多ければ、公売となっても役所への配当が¥0となるため、むやみやたらと公売にすることはありません。

しかし、住宅ローンは優先して返済し、税金等を滞納しているようなケースでは、不動産を差押えたままとし『住宅ローンの残高が減ってきた段階で公売にする』と役所の担当者が告げくてることもあります。

住宅ローンも払えなくなれば追い込まれる

 住宅ローンの残高も多いので、役所に差押えられても当面は大丈夫と安心はしていられません。

税金が納付できない状況は、経済的に苦しい状態であることは間違いないと思われます。

そのため、税金等はおろか住宅ローンの返済も厳しくなってきた場合、任意売却の障害となることは明らかです。

その辺りの事情はこちらの記事をどうぞ『役所の差押えが障害に!税金や保険料の未納で競売も

税金を後回しにして不動産の所有は不可能

 税金や国民健康保険料等の滞納を役所が見過ごすことはでません。

特に不動産は容易に特定できる財産のため、役所にとっては差押えしやすくもあり、また効果的でもあります。

自宅が役所に差押えられたとなれば、不安にならない人は少ないと思います。

その時点で、滞納分の精算が見通しが付かないようであれば、そのまま不動産を維持していくのも困難な状態です。

そろそろ、何かしらの判断をする時期が来ていると捉えるべきでしょう。

思わず相談したくなる担当者のプロフィール任意売却はこの人に訊け!

住宅ローン等の悩みが気軽に話せる・相談のハードルを下げる3つの対策

 おすすめ記事 

任意売却の相談はどこへ?業者選びが結果を左右する

不動産が差押えられた、どうなるの?

残った選択肢は何か!?消去法で考えてみる

定年まであと5年!老後破綻が確実なのに夫は無関心どうすればいいの?

任意売却は必要?売らずに済む方法を考える

家のローンが苦しいでは終わらない老後破綻の可能性

任意売却のお勧めサイトはこの1点に注意

近所に知られず内緒でリースバックはできるか?

早めの相談でも任意売却を断念するのは役所の差押え

住宅ローンを延滞!すぐ自宅は競売になるのか?

住宅ローンの無理な返済を続けると更なる困難が!

可処分所得が減少で住宅ローンは払えるか?家計を襲う社会保障費の増加

延滞金は下がっても差押え解除は任意売却とセット

妻が住宅ローンの保証人だと離婚,滞納,破産で問題化

住宅ローンの返済が無理ならば最優先に考える事は?

 関連カテゴリー 

差押え関連の記事一覧

リースバック・親族間売買関連の記事一覧

連帯保証人関連の記事一覧

住宅ローンで老後破綻関連の記事一覧

任意売却の専門業者関連の記事一覧

任意売却の基礎知識関連の記事一覧

任意売却情報満載の全記事一覧は任意売却テーマ

任意売却深夜の無料電話相談

電話相談はここをクリック