個人再生後に住宅ローンが払えない任意売却は可能?

 個人(民事)再生で自宅を残し、計画通りに返済は終了したものの、最近になって住宅ローンが払えなくなってしまった方からの相談が増えています。

コンテンツ一覧

個人再生(住宅ローン特則)とは

 個人再生(住宅ローン特則)は、住宅ローン以外の借金が増え、その借金を減額できれば、住宅ローンは返済可能なことが前提で裁判所に認めてもらう債務整理です。

メリットは自宅をそのまま手放さずに、他の借金を圧縮(減額)できること。住宅ローンの返済に関しても条件はありますが、返済期間を延長し、月々の返済額を減らすことを認めてくれる場合もあります。

住宅ローンは払う必要がある

 繰り返しになりますが、個人再生は住宅ローンは返済していけることが大前提です。しかし、他の借金が無くなったのに、数年の間に再度、住宅ローンが払えなくなってしまう方が、多くいらっしゃいます。

個人再生もそれなりの費用が必要ですし、自宅が残せるならば・・・、無理をして頑張ってきたのに、結局は返済が追いつかなくなる事態は大変無念なことだと思います。

状況の変化は誰にでも起こりうる

 住宅ローンは長期で組む方が大半なので、必ずしも、その長い年月で順調に返済ができるとも限りません。誰しも状況が変わり、払っていけるはずの住宅ローンが払えなくなってしまうのです。

もともと借金の返済が厳しくなった時点で、任意売却も視野にあったと思いますが、やはり自宅を手放さずに済むのであれば、個人再生に迷いはなかったと思います。

任意売却は可能

 現実問題としては、個人再生で認められた再生計画が無事に終了後、他の借入れも無く、再度状況が変化して、住宅ローンが返済できなくなれば、今度ばかりは自宅を手放さないで済む方法は無いと言って差し支えないでしょう。

つまり、自宅を任意売却するか、金融機関が競売で処分するかのどちらかとなります。

個人再生で返済期間を延長している場合等、金融機関が任意売却に応じてくれないのでは?という疑問をお持ちの方もいますが、住宅ローンが払えなくなり、任意売却を申し出れば、金融機関としても競売の申立てを行う必要もないため、通常は応じてくれるでしょう。

再生計画中の任意売却も対応

 個人再生(住宅ローン特則)は認めてもらえたものの、実際の再生計画(返済)が厳しくなり、再生計画の途中での任意売却にも対応しております。

また、その場合は再生計画の変更で対応できないかも含め、検討いたしますので早めにご相談下さい。

○ 『残った選択肢は何か!?消去法で考えてみる

○ 『成功か失敗か!?任意売却は業者選びが結果を左右する

○ 『無いと不可!専門業者が教える任意売却に必要な免許

○ 『住宅ローンで自己破産のメリットが大きいのは!

○ 『高額な破産費用も減額可能!

○ 『苦しい住宅ローンは返済できれば幸福なのか?

○ 『住宅ローンの無理な返済を続けると更なる困難が!

○ 『任意売却で多額の現金が残せるは本当か?

上記の記事も合わせてどうぞ

任意売却の専門業者関連の全記事一覧

任意売却の基礎知識関連の全記事一覧

老後破綻の関連全記事一覧

任意売却情報満載の全記事一覧は任意売却テーマ

任意売却深夜の無料電話相談

電話相談はここをクリック