住宅金融支援機構の住宅ローンで老後破綻を回避する特例とは?

 定年後も続く住宅ローンの返済が老後破綻の原因となることは、もはや周知の事実です。

しかし、現在定年を迎えてる方にとって、住宅の購入当初は想像できないほどの、景気の低迷や不動産価格の下落もありました。

そこで、住宅金融支援機構では、住宅ローンの返済を20年以上継続された満70歳以上の方に限定した救済策があります。

住宅ローンが払えないときの対処法

住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)のシルバー返済特例

 シルバー返済特例とは、毎月の返済額を利息のみとし、債務者全員が亡くなった後に自宅を売却して返済する方法です。

全くの無収入では、到底無理ですが利息分のみなら返済が可能な場合、生きている間は自宅に住み続け、その後は売却して住宅ローンを清算することが条件になります。

利息分を払える年金生活者にとっては、住み慣れた我が家にそのまま住めるため、ひとまずは安心といった制度ではないでしょうか。

ここで心配なのが、売却時にローン残高より低い価格でしか売れない場合はどうなるのか? 非常に気になると思います。

ところが、売却後に残債が生じても相続人に請求されないとされていますので、相続人に迷惑を掛けない点では画期的です。

シルバー返済特例の主な利用条件

1.制度ご利用時点で満70歳以上であること。
2.現に融資住宅に居住し、今後も居住を継続する予定であること。
3.ご返済を開始してから20年以上経過していること。
4.土地と建物に機構の抵当権が設定されていること。
5.現在遅れなくご返済いただいていること。
6.一定の収入基準を満たすこと※
※「年収が機構への年間総返済額の4倍以下」または「月収が世帯人数×64,000円以下」等の条件があります。

 住宅金融支援機構のウェブサイトより引用

 注意が必要なのは、団体信用生命保険、いわゆる団信と呼ばれる、死亡の際は住宅ローンをカバーするための保険ですが、シルバー返済特例を利用するには、この団体信用生命保険を解約する必要があります。

詳細は以下のチラシ2ページ目をどうぞ

住宅金融支援機構のシルバー返済特例のチラシ

シルバー返済特例は自宅を残すことはできない

 シルバー返済特例は、自宅を手放すことが前提となりますので、リバースモーゲージようなイメージ、はたまた、リースバックで利息分を家賃変わりに支払っているような感じになります。

やはり、不動産を担保に借りた住宅ローンは、その返済が出来なくなれば、自宅を維持することは不可能となり、この制度を利用する・利用しないの判断は大きく分かれるでしょう。

老後破綻はこれからが本格化する

 このシルバー返済特例も含め、リースバックやリバースモーゲージ等の金融サービスも盛んになっています。どれも突き詰めると、高齢化社会が現実化し、生活資金に困窮する高齢者が確実に増えている現れです。

しかし、この先リースバックやリバースモーゲージの対象となるエリアが、現在のまま続くかも疑問が残る部分です。

空き家問題が騒がれている中で、更に空き家が増えれば不動産価格も、引きずられるように下落する可能性も否めません。

そのため、リバースモーゲージやリースバックの対象となるエリアも都心の極一部の限られたエリアに、今後は限定されるかもしれません。

現時点で住宅ローンの返済が苦しいと感じているならば、本当にこのまま返済を続け、完済後の自宅に資産価値が残っているのか? 今一度考えてみてはいかがでしょう。

思わず相談したくなる担当者のプロフィール任意売却はこの人に訊け!

住宅ローン等の悩みが気軽に話せる・相談のハードルを下げる3つの対策

 おすすめ記事 

○ 『任意売却の相談はどこへ?業者選びが結果を左右する

○ 『親子間売買で老後破綻を回避する成否を分けたポイントとは?

○ 『リスケジュールで身内を巻込み老後破綻

○ 『親子ローンで認知症が発覚すると預金を動かせず返済不能に

○ 『住み続けられる任意売却は本当か?

○ 『リースバックで救われるのは借金問題を解決できたから

○ 『定年まであと5年!老後破綻が確実なのに夫は無関心どうすればいいの?

○ 『不動産価格の下落で影響が出る人は?

○ 『リースバックの大手も任意売却は原則審査不可はナゼ?

○ 『住宅ローンが苦しくて任意売却をスタートすると気付く大切なこと

○ 『家のローンが苦しいでは終わらない老後破綻の可能性

○ 『リスケジュールしても住宅ローンが払えなくなる3つの共通点

○ 『リースバックの相談で選ぶならどちらの業者!?

○ 『可処分所得が減少で住宅ローンは払えるか?家計を襲う社会保障費の増加

○ 『妻が住宅ローンの保証人だと離婚,滞納,破産で問題化

○ 『住宅ローンの滞納前に出来ることは?

○ 『任意売却で選ばれる理由は営業ではなく相談だから

 関連カテゴリー 

住宅ローンで老後破綻関連の記事一覧

リースバック・親族間売買関連の記事一覧

任意売却の基礎知識関連の記事一覧

任意売却の専門業者関連の記事一覧

連帯保証人関連の記事一覧

滞納前に出来ること関連の記事一覧

任意売却情報満載の全記事一覧は任意売却テーマ

任意売却深夜の無料電話相談

電話相談はここをクリック