リースバックは残債があると難しい

 『中小企業の経営者向けにセール&リースバックする』という営業電話がありました。詳しく話しを聞くと、ローンを滞納中の方は対象者ではないとのこと、任意売却の希望者が利用できなければ意味もないので、すぐに電話を切りました。

では、任意売却で見かけるリースバックとは、どのような条件で成立するのか、詳しく説明します。

目 次

想像以上に厳しい条件

 住宅ローンや事業者の不動産担保ローンでも、任意売却でリースバックの希望者が多く、またインターネット上にも言葉が氾濫しているので、簡単にできるような気になります。

しかし、実際に利用できるのはローンを滞納中でも、自宅等の不動産売却時には、借金が完済できる場合など、条件が厳しく、借金が不動産の価値を上回るオーバーローンの状態では、リースバックを実現し『住み続ける』は難しいのが現状です。従って、任意売却を希望する方の多くが、リースバックの条件に合致しないことになります。

投資家は安いから買う

 不動産を投資目的で購入する人は、利回りが確保できれば買取ってくれます、これは投資家が残債より高く不動産を買えば、いくら相場より安くても金融機関は価格に口を出しません。

つまり『言い値で売るならばリースバックしてあげるよ!』ということです。投資家は住宅ローンの返済に困った人々の協力者ではなく、利益を追求するので当然のことです。

また、仮にリースバックが出来たとしても、立場は弱く以下のような条件を飲まざるを得ません。

○ 定期借家契約で更新は出来ません、ほとんどの場合が数年の契約期間

○ しっかりとした保証人を求める

○ 買戻しが出来る場合でも売却した時のように安値ではない

 リースバックを詳しく知れば、自身にとって本当に得策なのかと疑いたくもなると思います。

できない理由はオーバーローン

 任意売却をされる方は、借金が不動産の価値を上回る、オーバーローンの状態(債務超過)で残債をどうしたらいいか、悩んでいる方が大半です。オーバーローンの状態で、投資家が希望する価格での任意売却には、金融機関が合意する可能性は極めて少ないです。

インターネット上では多くの広告を見かけますが、リースバックの相談をしても、残債が生じるようであれば、結局は条件に合致しませんとなります。

リースバックの実現には協力者が必要

 オーバーローンの状態でリースバックを希望する場合、身内など資金的にも余裕のある、協力者が必要になります。

金融機関が任意売却を認める価格で購入できる協力者、つまり、投資家のように利回りに期待するのではなく、あくまでも、助けてくれる者の存在が欠かせません。

『住み続ける』に期待して任意売却を検討しても現実には、協力者無しに利用できる方は少なく、ほとんどの方は希望通りにはいきません。

投資家のリースバックでは解決しない

 どうしても引っ越せない理由があり、投資家のリースバックが実現しても、身内のような協力者ではありません。いずれ待受ける問題として、リースバック期間は終了します。その時は、どうするのか?

期間限定と割り切っていれば、引っ越すことで済む話ですが、家賃増額での再契約や買戻しを求められ、経済的に不可能であれば、立ち退くしかありません。自身が所有者でない以上、何の主導権もなく、第三者から見れば、ただの借主なのです。

投資家のリースバックは、引っ越しを先延ばしする、一時しのぎと考え、その先の対応も視野に入れなければ、本当の『住み続けられる』で解決とはならないことが、ご理解いただけると思います。

※ 任意売却には時間がとても重要です、決して無駄にしないために、都合のいい言葉に振り回されないよう注意しましょう。

○ 『リースバックの相談で選ぶならどちらの業者!?

○ 『残った選択肢は何か!?消去法で考えてみる

○ 『住み続けられる任意売却は本当か?

○ 『任意売却業者のお勧めサイトで注意すること

○ 『近所に知られず内緒でリースバックはできるか?

○ 『安易なリースバックに注意!投資家が購入する理由

○ 『友人を助けたい!リースバックしてあげる時の注意点

○ 『一括査定で高額だと任意売却しなくて済むの?

上記の記事も合わせてどうぞ

リースバック・親族間売買関連の全記事一覧

任意売却の専門業者関連の記事一覧

任意売却の基礎知識関連の全記事一覧

任意売却情報満載の全記事一覧は任意売却テーマ

任意売却深夜の無料電話相談

電話相談はここをクリック