任意売却と訳あり不動産は無関係のため告知事項に該当しない

 任意売却は一般の人には馴染みの無い言葉です、少し間違った認識で、訳あり不動産を売る事が任意売却と思っている方も少なからず、いらっしゃるようです。

訳あり不動産

 訳あり不動産とは一般の方へ説明するのに解りやすい言葉で不動産業界では告知物件などと呼んでいます。この訳あり不動産は、お客様が目にする販売図面に大抵は『告知事項有』と小さく記載されています。告知が必要な大事な話しがある事になります。

告知事項有

 では、不動産業界の『告知事項有』の意味とは、対象となる不動産で事件や事故などが発生し、その内容を聞くと購入をためらう可能性がある場合に該当します。具体的には自殺・殺人・孤独死など知っていれば購入しなかったと思える心理的な瑕疵(欠陥)がある場合に『告知事項有』としています。これは売買に限った話ではなく賃貸物件でも告知事項があれば借主に説明する義務があります。

大事なことは不動産その物には全く問題はありません、事件や事故の内容を聞いても気にしない人は物件を気に入れば普通に購入します。

任意売却は訳あり不動産と無関係

 前置きが長くなりましたが弊社にも、この訳あり不動産の売却を依頼されることがあります、任意売却と勘違いしているのかは別に、大抵は人が亡くなっているケースが殆どで、その不動産の相続人が売却する事になります。

訳あり不動産は所有者だけが知っていることも

 この訳あり不動産は、告知内容が自殺や自然死など事件性の無い場合は、隣り近所でも事情を知らないケースも多くあります。それ故、ご近所には事情を知られずに売却したい・急に相続したけど遠方なので、どうすれば良いか分からないなど、訳有り不動産の売却も弊社では対応しています。

最後に訳あり物件・訳あり不動産の告知事項と任意売却物件の説明にある瑕疵担保免責とは関係ありませんのでご注意ください。

※ 告知事項に該当するかは様々なケースがありますので詳しくはご相談ください。

思わず相談したくなる担当者のプロフィール任意売却はこの人に訊け!

住宅ローン等の悩みが気軽に話せる・相談のハードルを下げる3つの対策

 おすすめ記事 

○ 『借金のカタに不動産が取られる代物弁済の恐怖

○ 『住宅ローンで自己破産!自宅はどうやって売却する?

○ 『再建築不可や車庫無物件の任意売却

○ 『任意売却で家を高く売る方法はお客様の協力がポイント

○ 『近所に知られず極秘で任意売却はできるか!?

○ 『古くて住めない一戸建、そのままで任意売却できる?

○ 『任意売却の売主は弱い立場での取引ではない!

○ 『任意売却は相場より安い!?と感じることもある

○ 『自営業者の自宅兼事務所や多額の借入も任意売却は可

○ 『競売より高く売れるとは限らない

○ 『任意売却の相談はどこへ?業者選びが結果を左右する

○ 『任意売却業者のお勧めサイトで注意すること

○ 『銀行も止められない住宅ローンで老後破綻のリスク

○ 『メール相談は業者選びのポイントにもなる

○ 『すぐに建物の不具合が発生・任意売却後の売主の責任は?

○ 『任意売却で選ばれる理由は営業ではなく相談だから

 関連カテゴリー 

住宅ローンで老後破綻関連の記事一覧

任意売却の基礎知識関連の記事一覧

任意売却の専門業者関連の記事一覧

滞納前に出来ること関連の記事一覧

自己破産関連の記事一覧

競売関連の記事一覧

任意売却情報満載の全記事一覧は任意売却テーマ

任意売却深夜の無料電話相談

電話相談はここをクリック