新築ワンルームを持出し¥0で手放すチャンスは10年前後

 新築のワンルームマンションを100%借入で購入し、年間を通してキャッシュフローが生まれている方に、お会いしたことがありません。

世の中には居るのかもしれませんので、たまたまお会いする機会が無いだけかもしれません。

むしろ新築のワンルームマンションを購入して数年だけど、入居者が居るのに毎月持出しが発生している方からの相談は多く寄せられます。

キャッシュフローは生まれない設計

 よくよく思い返せば資産形成や節税等のうたい文句で営業されたのではないでしょうか?

『入居者の家賃と自分自身がわずかな返済をプラスします、返済が終われば丸々家賃が手に入る、いわば年金みたいなものですよ・・・』

老後に向けた資産形成のつもりで購入した方が多いことでしょう。

もともとキャッシュフローは、ほとんど生まない設計でスタートしているのです。

返済が進めば売却のタイミングが訪れる

 三者三様に購入動機はありますが、キャッシュフローはおろか毎月持ち出しがあるならば、やはり手放したいのが本音だと思います。

しかし、いざ売るとなれば売却価格と残債が問題となり、持出しが多くあれば売るに売れない状況に陥っている方が現実には多くいます。

ただし、入居者もいて、順調に返済が進んでいれば、その状態が永遠に続く訳ではありません

と言いますのも、ここ最近の売却依頼では、築10年前後のワンルームマンションに関しては、当事務所の仲介手数料を含め、持出し無しで売却できる案件が複数ありました。

東京のマンションだから売れたのでは? と思いがちですが、東京ではありません。

関東でも関西でもない、地方都市のワンルームマンションです。

従いまして、新築のワンルームマンションを購入後、10年前後を一つの目安にして頂きたいと思います。

今までの損失よりこれからの損失を考える

 当然、購入価格からすれば、かなりのマイナスで売却することになります。

しかし、売却できれば今後の持出しも無くなり、何よりキャッシュフローを生まず、ただ借金を返済するためにワンルームマンションを所有し続ける不安からは解放されます。

所有していれば毎月の持出し以外に、春に送られてくる固定資産税の納付書を見て、更に持ち出しを積み上げてると実感できると思います。

自分自身が働いて得たお金を、一体何のために使っているのかをよく考えるタイミングかもしれません。

残債が分かれば最低限の売値も決められる

 新築のワンルームマンションを購入してしまい、後悔されている方は今一度、金融機関から送られてくる返済表で、ご自身の残債がどの程度あるのかを確認して頂ければと思います。

また、その返済表と共にご相談いただければ、持出しが無くて済みそうか否かの判断は、ある程度はできると思います。

家賃は下がるものと考える

 今の入居者が退去したら、次の入居者が決まるまで返済の負担が増します。しかも、今までと同じ家賃で入居してくれる保証はありません。

また、退去後の部屋がクリーニングで済めば問題ありませんが、多少のリフォームが必要となれば更なる持ち出しが発生します。

新築後10年前後の投資用マンションを所有し悩んでいる方は、今一度、売却を検討してみてはいかがでしょうか?

もう、これ以上の持出し無しで手放せる可能性があるかもしれません。

思わず相談したくなる担当者のプロフィール任意売却はこの人に訊け!

住宅ローン等の悩みが気軽に話せる・相談のハードルを下げる3つの対策

 おすすめ記事 

○ 『新築1Rマンションは節税や年金代わりになるか!?

○ 『不動産価格の下落で影響が出る人は?

○ 『残債はどれくらい?相談と価格査定は同時に!

○ 『任意売却の相談はどこへ?業者選びが結果を左右する

○ 『サブリース(一括借上げ)契約と任意売却

○ 『店舗兼自宅や賃貸併用住宅の任意売却は相続後だと税金に注意

○ 『赤字の投資用不動産は今こそ売却のタイミング

○ 『安く売るの?間違いだらけの任意売却

○ 『ワンルームを複数購入後の返済苦は即売却が救われる理由

○ 『高額な破産費用も任意売却で減額可能!

○ 『任意売却は競売を妨害する裏ワザではありません

○ 『メール相談は業者選びのポイントにもなる

○ 『借金のカタに不動産が取られる代物弁済の恐怖

○ 『サブリース業者の破綻でアパートローンが払えず自宅を守るには5000万円がポイント

○ 『任意売却で選ばれる理由は営業ではなく相談だから

 関連カテゴリー 

投資用不動産の任意売却関連の記事一覧

自己破産関連の記事一覧

任意売却の専門業者関連の記事一覧

任意売却の基礎知識関連の記事一覧

自営業・中小企業の任意売却関連の記事一覧

任意売却情報満載の全記事一覧は任意売却テーマ

任意売却深夜の無料電話相談

電話相談はここをクリック