銀行の住宅ローンでも代位弁済されない例外とは?

 任意売却について少し調べると代位弁済という言葉を目にすると思います。銀行など民間金融機関の住宅ローンは利用者の状況にもよりますが通常、保証人は必要ありません。

その代りに保証会社に保証料を払い、住宅ローンが払えなくなった場合は代わりに保証会社が銀行に返済します。

実際に任意売却を開始するには、銀行に返済を3~6か月分滞納し、保証会社から銀行に対して代位弁済が行われた後、保証会社に任意売却の意思を伝えスタートさせます。

住宅ローンが払えない時の対処法

保証会社の無いプロパー融資

 上記は銀行などの住宅ローンを滞納した際、一般的な任意売却を始めるまでの流れになります。当然、例外もあり、保証会社を利用しないプロパーと言われる方法で住宅ローンの融資を行う銀行です。

このケースで任意売却を行う場合、滞納が始まり代位弁済されるまで待つ必要がありませんので直接銀行に任意売却の意思を伝え、素早く取り組むことが可能です。

金融機関の処分も早い

 プロパー融資の場合、保証会社が無いので、不良債権の処理も格段に速く、任意売却を終えるまで余裕がある訳ではありません。

そのため、時間を無駄に費やすと銀行から競売の申立てやサービサーに債権譲渡されてしまう事もあります。

インターネットの情報だけを見て、代位弁済の通知が届かないから、まだ時間はあるかも? と勝手に判断していると手遅れになる事もあるので、任意売却を検討するなら早めの相談に越したことはありません。

いずれにしても、住宅ローンが払えない状態を続けることは金融機関にとってもメリットはなく、不良債権として適切に処理を行うことを求められます。

思わず相談したくなる担当者のプロフィール任意売却はこの人に訊け!

住宅ローン等の悩みが気軽に話せる・相談のハードルを下げる3つの対策

 おすすめ記事 

○ 『任意売却の相談はどこへ?業者選びが結果を左右する

○ 『期限の利益の喪失は滞納回数と合計金額どっちなの!?

○ 『借金のカタに不動産が取られる代物弁済の恐怖

○ 『任意売却の直前にサービサーへ債権譲渡!それでも成功した2つの要因

○ 『任意売却の相談で重要なのは業者の対応が安心か!?

○ 『住宅ローンが払えず執拗に面談を求める金融機関には!

○ 『任意売却で選ばれる理由は営業ではなく相談だから

○ 『任意売却の広告は信用できる?検索結果との関連は!?

○ 『住宅ローンの滞納は金融機関に相談して解決する?

○ 『任意売却の可否はどうやって判断するか?

○ 『滞納前でも住宅ローンが払えないと銀行に伝える

○ 『任意売却の相談が初めて!これが分かれば判断可能

○ 『住宅ローンの返済がストップ!結局いつまで住める?

○ 『任意売却は必要?売らずに済む方法を考える

○ 『住宅ローンの返済苦は一人で悩まず専門家へ相談

○ 『依頼しても業者が放置し競売の危険性もある

 関連カテゴリー 

代位弁済関連の記事一覧

住宅ローンで老後破綻関連の記事一覧

滞納前に出来ること関連の記事一覧

任意売却後の残債関連の記事一覧

任意売却の専門業者関連の記事一覧

任意売却の基礎知識関連の記事一覧

任意売却情報満載の全記事一覧は任意売却テーマ

任意売却深夜の無料電話相談

電話相談はここをクリック