住宅ローンを延滞!すぐ自宅は競売になるのか?

 住宅ローンの引落日に返済するお金が無く、落ち着いていられる人は少ないと思います、むしろ不安でどうしたら良いかも分からずパニックを起こすかもしれません。

住宅ローンが払えない時の対処法

忘れていないか確認の連絡

 あれっ?と思うかもしれませんが銀行からは電話や封書で、おたずね程度の連絡が来るだけです。ただ1度払えなかったら、すぐ競売になる訳ではありません。忙しくて口座に入金し忘れてしまう事もあるでしょう。その確認の意味で連絡してくるのです。

この段階で返済できれば問題ないのですが、そうでなければ住宅ローンが払えない状態といえるでしょう。

そして、その状態が続くと銀行からは期限の利益の喪失を通知してきます、これは今までは月々の分割返済でしたが今後は一括返済で分割は認めませんとの意思表示です。分割で払えないのに一括でなんて、なお更払える訳ありません

延滞継続は不良債権

 期限の利益を喪失すると、この時点で銀行は次の準備をしています。それは代位弁済です。銀行は住宅ローンを貸す時に保証会社というものを付けます、大抵は銀行の子会社なのですが『住宅ローンの滞納が続いたら保証会社が代わりに返してね』という契約になっています。

つまり銀行自体は保証会社に代わって返してもらえるのです。保証会社にもよりますが滞納が始まってから約3~6か月位で代位弁済されます。

代位弁済が済むと銀行に代わって保証会社から返済の請求が来ます、もちろん一括での返済しかありません、しかし、払える訳もありません。ここで任意売却で自宅を売って返済するか、売却を拒み続けたり、悩んでいたり時間を掛け過ぎると保証会社(以下金融機関)は次の一手に出ます、これが『競売』です。

 詳しい競売の流れ

任意売却のタイミング

 実は任意売却をするには、代位弁済後でないと出来ないのですが金融機関が競売の申立てを行う前に任意売却を行うのが理想的であり、一番精神的負担も少なくて済みます。住宅ローンが払えなくなり、競売に移行するまでは意外に時間があるのですが、任意売却のメリットを享受できるタイミングは少ないです。

任意売却で早めの相談がとても有効なのは、金融機関が競売の申立てに着手する前に手を打てるからなのです。もちろん、競売の申立て後でも任意売却は可能ですが裁判所では競売の情報がオープンになり誰でも、あなたの家が競売になりそうだと知ることが出来るのです。

早い段階で御相談いただければ、理由はどうであれ一般的な不動産の売買と大差なく自宅を取引することが可能です。金融機関もそれを望んでいますので、円満に解決するなら任意売却を検討してみてはいかがでしょう。

思わず相談したくなる担当者のプロフィール任意売却はこの人に訊け!

住宅ローン等の悩みが気軽に話せる・相談のハードルを下げる3つの対策

 おすすめ記事 

○ 『借金のカタに不動産が取られる代物弁済の恐怖

○ 『損得勘定だけなら任意売却が不調に終わり競売となるのがお得?

○ 『住宅ローンの返済を止めて自宅を売らずに済むの?

○ 『銀行の住宅ローンでも代位弁済されない例外とは?

○ 『競売を避けたい理由は任意売却との精神的負担の差

○ 『残った選択肢は何か!?消去法で考えてみる

○ 『住宅ローンの滞納は金融機関に相談して解決する?

○ 『任意売却は競売を妨害する裏ワザではありません

○ 『住宅ローンが回収不能!貸した金融機関は困らない訳

○ 『近所に知られず極秘で任意売却はできるか!?

○ 『任意売却の可否はどうやって判断するか?

○ 『住宅ローンの問題は専門の不動産屋で相談可能

○ 『住宅ローンで定年後も働き続ける事をどう思うか?

 関連カテゴリー 

競売関連の記事一覧

代位弁済関連の記事一覧

自己破産関連の記事一覧

任意売却の専門業者関連の記事一覧

任意売却の基礎知識関連の記事一覧

住宅ローンで老後破綻関連の記事一覧

任意売却情報満載の全記事一覧は任意売却テーマ

任意売却深夜の無料電話相談

電話相談はここをクリック