ブラックリストに載らずに任意売却はできないか?

 『任意売却をするとブラックリストに載りますか?』との質問をよくお受けします。

また『ブラックリストに載らないで任意売却はできないか?』と考えている人も多いかもしれません。

しかしながら、住宅ローンが払えなくなり、ブラックリストに載らずに任意売却を成立させる方法はありません。

目次

金融事故を記録されること

 注意しなければならないのが『任意売却をする,しない』や『競売になる,ならない』ではなくローンを延滞したことにより信用情報機関に延滞記録(金融事故と言われたりもします)が登録されること。

これが一般的には、ブラックリストに載るということを意味し、現実にブラックリストなる物が存在している訳ではありません。

任意売却が原因ではない

 任意売却をした人は、延滞が続いて信用情報機関に登録されたのであって、任意売却が原因で登録された訳ではありません。

任意売却を開始した時には、もう既に信用情報機関には登録済みということになります。

信用情報機関では信用情報として、住宅ローン・自動車ローン・クレジットなどの取引に関する契約・返済・支払状況・利用残高など、客観的取引事実の内容が登録されています。

従って、新たなクレジットカードの契約、その他のローンの申込み、金銭の借入れ等、信用に基づく契約は、ほぼ不可能となっています。

信用情報は様々な分割払いで利用されている

 最近では、スマートホンを購入するとき、大抵の人は分割にて機種代を支払いますが、通話料や通信費がかさみ支払いを3か月以上延滞してしまった場合などは、信用情報機関に延滞記録が残ります。

こうなると滞納分を支払っても、5年間は記録が残ります。

近々、住宅ローンを利用したいと思う方は、たかが携帯代とは思わずに信用取引であることを肝に銘じてください。

LINEの無料相談

 LINEからの相談件数は電話よりも増えています。
深刻な相談もスマホがあれば、どこからでも可能です。
当事務所ではLINE公式アカウント『@ninbai-call』を取得しております。

この記事を書いた人

小田嶋 譲のアバター 小田嶋 譲 代表取締役

 有限会社 O&Trade代表。大学卒業後、不動産会社と譲渡債権回収の金融機関での勤務経験を経て独立。現在は任意売却のコンサルタント及び不動産売買を行っており全国から数多くの相談が寄せられる。

目次
閉じる